ダイエットで免疫力が低下した?

今回は、ダイエットと免疫の関係について考えてみたいと思います。ダイエットに取り組んでいると人の中には、「ダイエットを始めたら風邪をひきやすくなった」という人がいるかもしれません。ダイエットをすると免疫力が低下して、風邪をひきやすくなってしまうのでしょうか...?

ダイエットによって風邪をひきやすくなってしまったと思うなら、まずは自分の食生活を振り返ってみませんか?

ダイエット中だからといって、朝ごはんを抜いたり、昼は軽く済ませてしまったりしていませんか?

ダイエットするには、食事のカロリーを減らしたり、運動したりするので、体脂肪が減るということはなんとなく免疫力に影響するように思われるかもしれません。

免疫力を高める免疫細胞は、たんぱく質からつくられます。ですから免疫力を落とさないためにはたんぱく質摂取が重要になってくるわけです。

ダイエットの為に絶食をしたり、栄養のバランスを無視した食事をしたりしてしまうと、急激な体重の低下を招いて、結果的に免疫力も低下してしまいます。

ダイエットで風邪をひきやすくなったと思っていても、実際は無茶な食事制限が影響しているかもしれません。

ダイエットで風邪をひきやすくなったと思っていても、それは低カロリーのせいではなくて、たんぱく質やミネラルの摂取量が減ってしまっているからなのですよ。

ダイエットを始めたら風邪をひきやすくなったという話は、結果的にはそういう現象になるかもしれませんが、その原因はダイエットそのものではありません。

ダイエットしていても、しっかりとバランスがとれた食事をしていれば、カロリーが低くても免疫には問題有りませんよ。

免疫力を落とさないダイエットをするには、食事の量自体を減らすのではなく、低カロリーでもたっぷり食べられる野菜や海草、きのこ類を意識して取り入れてみることが良いかと思われます。

たんぱく質は減らさないように、大豆、肉なども上手にしっかり摂るようにしましょうね。

どうしても忙しくて栄養バランスなんて考えてられない!というときには補助的にサプリメントを摂取することも一つの手段として覚えておくといいかもしれませんね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ダイエットすると風邪をひきやすくなる?
太っている人は体脂肪がたくさんついています。痩せる為には体脂肪を減らせばいいとい......

▲このページのトップへ

太陽光発電を知ろう