ダイエットには和食が良い

あなたは朝ごはんはパン派ですか?ごはん派ですか?

ダイエットにはパンとごはんのどっちが良いのでしょうか。

今回は、ダイエット中の朝食には、パンとご飯のどちらがいいかについて、考えてみたいと思います。

最近では、朝食にパンを食べたり、パーティーで宅配ピザを頼んだり、ドーナツを食べながらおしゃべりをしたりと、小麦製品を食する機会が多くなっていますよね。

気がつけばパンと麺で一日中米を食べなかったということもあるのではないでしょうか。

ケーキやスナック菓子でも小麦を摂取しているとは思いますが、これらの「小麦」を中心にした欧米型の食生活から「米」を中心にした日本型食生活にすることがダイエット(肥満防止を含む)に大切であるとする専門家が最近増えてきています。

では何故、「小麦」より「米」の方がダイエットには良いのでしょうか?

それは、一つには製法があります。米は通常粒のまま炊いて食べるのに対し、小麦はいったん粉にして、それに塩や油を混ぜこねた後、焼いたりゆでたりして食べますよね。
 

実は、粉にすることによって小麦製品は粒のままで食べる米よりも消化吸収がよくなってしまうのです。

消化吸収が良いということは、お腹の脂肪になりやすいということを意味しています。

さらに食べ合わせ(おかず)の違いもあります。

パンと相性のよい食品はバターやマーガリンのような油とか、ソーセージ、ベーコンエッグ、ハンバーグのような肉がですね。

一方ごはんは、肉を食べるにしてもしゃぶしゃぶにポン酢というような脂肪を落とした食べ方もできますし、魚なら煮魚、焼き魚、刺身、酢のものなど油を使わないで調理出来る食品と合わせることができます。

野菜だってマヨネーズやドレッシングを必要としない漬物、おひたし、煮物にして合わせることも出来るのです。

その上、小麦製品には添加物が入っています。小麦製品の代表例であるパンを取り上げてみると、包装紙に書かれている添加物を確認してみてください。

思いのほかたくさんの添加物が書いてあるはずです。

一方ごはんの方は、添加物はカロリーゼロの水だけです。


この決定的な違いが同じ量のパンとご飯を食べたときのエネルギー量の違いになり、脂肪の摂取量の違いになるのですね。

このように、ダイエットには「パン」より「ごはん」、「洋食」より「和食」が有利な面が多いのです。

もちろん、ダイエット中は絶対に和食を食べなくちゃいけないなんてことはありませんよ。

何事もバランスが大切ですからね。
 

この記事のタグ

サイト内関連記事

綺麗に痩せる食事は一人では難しい!
綺麗に痩せるためには、正しい食事が大切です。 例えば1週間後の健康診断のときにと......
メタボ改善にはトマトが効果的
メタボで悩んでいる中年の方が多いですね。メタボで悩んでいる方は、何とかメタボを改......

▲このページのトップへ

太陽光発電を知ろう