ダイエットと冬季うつ病

夏の間は暑くてじっとしていても汗をかくので、ダイエットにはいいのですが、これから寒くなってくると、ダイエットにとっては、やりずらい季節になってきます。

これから寒くなってくると、「寒いから外に出たくない」「人と会うのも億劫」「だるくて眠い」といって、あまり外に出なくなるのでありませんか?

しかし、ゴロゴロしていても食欲だけは旺盛で体重が増えてしまうなんてことが、ありませんか?

毎年このシーズンになると、このような症状が見られる方も多いのではないでしょうか。

今までは、これからの季節は、冬だし寒いし太るのは当然と思われてきましたが、欧米でははっきり病名が付けられているということご存知でしたか?

「冬季うつ病」というのがその病名です。

通常のうつ病と違い、「冬季うつ病」は季節限定で起こるものです。

「冬季うつ病」は、冬太りの原因のひとつに軽度の「冬季うつ病」も考えられこともあるみたいです。

「冬季うつ病」は、うつ病の症状でみられる不眠や食欲低下による体重減少とは逆に、いくら寝ても眠い、食欲が増して体重が増えるという、ダイエット中にはかなり辛い症状です。

「冬季うつ病」とは、季節によって抑うつ状態が出る「季節性感情障害」の一つです。

「冬季うつ病」は、秋または冬に抑うつ状態が始まり、春になると治ってしまうか、人によっては軽い躁状態になるのが特徴です。

「冬季うつ病」は、比較的若い女性に起こりやすく、毎年くり返し起こる傾向があるものです。

「冬季うつ病」の主な原因と言われているのは日照時間です。

眠気を引き起こすホルモン=メラトニンは、暗くなると分泌が活発になりますが、日照時間が短いと、メラトニン分泌のタイミングがずれたり過剰になったりして、常に眠気を起こすのです。

このため「冬季うつ病」は、極端に日照時間の短い北欧や、雪の多い地方などで多くみられ、日当たりの悪い部屋に住んでいる人も陥りやすいといわれています。

「冬季うつ病」の原因は、神経伝達物質であるセロトニンの減少が冬季うつ病の原因の一つとされています。

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから造られ、その吸収には炭水化物やビタミンB6が必要なのです。

「冬季うつ病」を予防するには、

まず、早起きをする(規則正しい生活)こと。

次に積極的に、日光を浴びるようにすること。

そして、ビタミンやたんぱく質をとる食生活を心がけることです。

「冬季うつ病」を引き起こす原因と症状を理解して、予防&改善策を身につけて、冬太りをリセットしましょう。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

太陽光発電を知ろう