ダイエットに運動は逆効果?

ダイエットには、運動して脂肪を燃焼させるのがいいと聞いて、ダイエットの為に運動を始めた人もいると思います。

あなたはダイエットをするのにどのような運動をしてきましたか?ただただ走って走りまくるという方式でダイエットしてきた人もいるのではないでしょうか。

そして、この方法で痩せた方もなかにはいるでしょう。しかし、この方法では結果が出ない人もいます。

確かに、がむしゃらに運動すれば運動量が増え、カロリーを消費することになりますから当然、痩せることが出来るのです。

このひたすら走ったり、ひたすら泳いだりする方法は、意志が強く、体力的にも優れている方には問題なく効果がでる方法です。

しかし、体力レベルが低い方は、効果が出る前にどこかを痛めたり、運動が嫌になってダイエットへのモチベーションが下がってしまうなどして体調を崩してしまいます。

ダイエットの為の運動で体を痛めたり、体調を崩したりしてしまわない様に、ただがむしゃらに運動するのではなく、しっかりとした運動プログラムに基づいて計画的に、かつ効率的に運動を行うことが必要です。

ダイエットで取り入れている運動の方法は、優れた体調をキープしながら行う運動プログラムです。

自分の体力以上にがむしゃらに運動してしまうと、体を壊してしまいます。

がむしゃらに運動して体を壊してしまうのは、何もダイエットの限った事ではなくて、一流のスポーツ選手でも起こりうる事です。

ダイエットの為に運動を始めたばかりの頃は、早く成果を出したい為に、自分の体力以上に負荷をかけてしまいがちですが、そういう時には、

「今、体を壊してしまったら一時的に運動を中止してしまうことになる。」「中止すればまたはじめに逆戻りしてしまう。」「焦らず自分のペースでやっていこう。」

こういう風に冷静に考えて、今何が大切かを考えましょう。

ダイエットの運動療法で結果を残すためには、短期的な効果を求めて、がむしゃらに運動しないことです。

そうではなくて、ゆっくり確実に効果を出せればそれでいいのです。

これが出来れば体造りに重要な考え方が身についている証拠です。
 

この記事のタグ

サイト内関連記事

ダイエットには有酸素運動が効果的
ダイエットには運動が効果的だと聞いて運動を始めたあなた、どういう運動を始めました......
無酸素運動もダイエットに効果的
前の記事で、ダイエットには有酸素運動が効果的なので、有酸素運動を続けましょうとい......
太りにくい体質になれるか?
人にはそれぞれ生まれ持った体質があります。太りにくい体質の人もいれば、太りやすい......

▲このページのトップへ

太陽光発電を知ろう